So-net無料ブログ作成

事業承継制度融資とは?

事業承継は、当たり前のことですが、昨今の経済事情や社会情勢から、その事業継承のスムーズな作業が困難な場合が多くなっています。

経営者の高齢化と後継者不足という問題に加え、金銭的な抜本的な問題なども絡み、父事業継承のシステムを確立する機関として、事業継承協議会という組織があります。

制度融資を利用することで事業継承をうまくいくようになれば、老舗を守ることにもなります。

新しいものばかりがよいというものではなく、古き良いものを後世に引き継ぐという面においても、制度融資の利用で、事業継承をスムーズに行おうというものです。

事業承継の円滑化は、日本全体の半数以上を占める中小企業の雇用を確保するとともに、会社の優れた技術・技能を伝承することにもなります。

各市町村、金融機関の制度融資に関しての問合せをしてみてください。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


事業融資は金融機関から

事業融資を受ける金融機関といえば、都市銀行や地方銀行でしょう。

ただ、事業資金という名目では、信用金庫とか信用組合の方がより融資を受けやすいとうことがあります。

というのも、地域密着型の金融機関の信用金庫などですと、中小企業や地域企業に融資するのを旨としているからです。

また、民間の金融機関より比較的事業融資をしやすいのは、公的資金ということになります。

公的資金は、政府系金融機関からの融資、自治体からの融資の2つがあります。

政府系金融機関のなかで、中小企業向けの事業融資を行なっているのが、国民生活金融公庫と中小企業金融公庫です。

自治体からの事業融資は制度融資と呼ばれ、都道府県や市町村が金融機関や信用保証協会と連携して融資を行なう制度です。


「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


事業資金融資の相談はどこですればいい?

事業を行う上で、資金の相談はどうしても必要なことと言えます。

会計士などがついている場合は、安心ですが、そのような存在がない場合、まずはお住まいの商工会議所などで、事業資金相談を受け付けている場合があります。

また、都道府県単位での相談もありますから、民間ではなく公的な相談先を探してみるのは一考ではないでしょうか?

というのも、融資ということになると、民間よりも公的融資の方が低金利です。

これは後々返済を考える上でとても大切なことですし、事前の相談をすることにより、自分も事業資金について考える機会が出来るということもいえます。

1人で何でも抱え込まないで、相談をする勇気も事業には必要なことです。
タグ:相談 行政 信頼

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス