So-net無料ブログ作成

事業用不動産売却とつなぎ融資

つなぎ融資とは、不動産を取得しようとする者が、ローンや自己所有不動産の売却代金を受領する以前に、購入代金などに充てるために受ける融資のことをいいます。

融資の実行や売買のタイミングのずれによる資金の不足を補うために利用する短期のローンで、借入金の返済はたいてい住宅ローン実行時又は売却代金受領時に一括して行なわれます。

このつなき融資は、個人、事業用どちらにも共通していることで、特に事業用の場合は、多額のつなぎ融資となりますので、事前の有志検討が必要となります。

ローン会社では、事業用不動産売却に当たってのつなぎ融資という形も用意されていますので、ご相談ください。

又、一括でなくとも返済の回数が自由な場合もありますが、返済期間は短く大体が1年以内ということです。

つなぎ融資は短期融資ということですから、予め覚えておくと良いでしょう。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


不動産事業者と担保融資

不動産事業者がクローズアップされたバブル時期。

国内の景気が上げ上げムードだったのは、間違いなく、不動産事業者に対する融資は、無担保であってもどんどんと供給された時代でもありました。

ところが、バブルがはじけた途端、金融機関はどこも融資の貸し渋りが始まると同時に、不景気になっていきました。

最近では、不動産事業者に対する国の支援が多くなってきて、融資担保の有無にかかわらず、その融資額も多くなっているようです。

景気の起爆剤として、不動産が見直されてきているということです。

実際には、担保がある方が断然有利な融資ですが、不動産事業者の方は、無担保であっても相談だけでもしてみてはいかがでしょう。

不動産という財産は、どう化けるか、恐ろしい存在でもありますから、不動産事業者にとっては、融資の不可は一大事です。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


不動産事業の融資とは?

不動産事業の運用というと、他の金融商品よりも利回りの面でリターンの大きなものと言えます。

ハイリターンの裏にはハイリスクも存在しているわけですから、実際に不動産事業を行う際の融資については、慎重な対策が必要であると言えます。

賃貸なり売却によって、収益を上げられる不動産事業ですが、換金性が極めて薄い場所での不動産事業はどうしようもなく、リスクだらけのものとなってしまい融資額がそのまま借金となってしまう可能性があります。

収益がうまく上げられる不動産を持つというこは、それだけで十分な価値のあることですから、不動産事業に関しては、目の付け所と言うのが大きな鍵となります。

そのようなものへの融資というのは、投資としてはかなりおいしい物となりえますから、又、不動産事業の運用に関しても、ある程度の融資が必要なのは言うまでもなく、始めるまでが正念場と言えるでしょう。

不動産事業融資額は、安いものではないので、まずは事前準備を周到に行うことです。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス