So-net無料ブログ作成
検索選択

銀行で不動産融資が受けられない

不動産を持ちながら、銀行融資が受けられないということがあります。

それは、融資を受ける側が高齢であったり、定収入ではないといったことが条件となって、銀行がNOと言ってしまうようです。

このような場合は、銀行からの融資は諦めなければならないのですが、高齢者であれば、リバースモーゲージという方法があります。

不動産を担保として融資を受けるのですがも返済の義務がなく、その代わりに担保である不動産も手放すということです。

高齢者のみの取扱で、日本の銀行などでは一部しか取扱っていない制度ですから、地域的には難しいかもしれません。

国からの融資という形もありますが、困難と思わず問い合わせてみてください。

銀行なら、地元の銀行などが比較的不動産担保融資の窓口が広いかもしれません。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


無担保事業性融資について

よく信用金庫などで実施されている無担保事業性融資は、その金庫の営業地域内で行っている事業者への法人を対象としています。

事業性ということで、ある条件が設置されている場合が多く、過去に不渡りがあったり、何かしらの事故がある場合、この無担保事業性融資を受けるのは困難になる場合があります。

又、新規事業の場合は、まず無担保事業性融資は無理なようで、最低でも2年以上の事業を行っていることが最低条件に掲げられる場合が多いです。

無担保事業性融資の融資金額については、各信用金庫によって変わりますから、新たな融資をとお考えの方は、まずはお近くの信用金庫へのお問合せをしてみてください。

どこの信用金庫の無担保事業性融資も審査がありますから、書類の提出は絶対です。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


銀行からの事業資金融資について

銀行から事業資金融資を考えてみましょう。

事業資金融資を行っている金融機関の銀行関係では、都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合があります。

銀行の特色を考えながら、事業資金のニーズを明確にして、選びましょう。

事業との取引かある銀行からの事業資金融資が一番ですが、複数の銀行と取引がある場は銀行ごとに現在の取引内容を再確認することです。

確認をする際には、その銀行が自社に対してどれだけのリスクを負っているかの判断です。

貸してくださいと言う事業資金融資ですが、ある程度の強い態度も融資の際には大切ですから、下手ばかりには出ずに、融資に負い目を持つ必要はありません

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス