So-net無料ブログ作成

個人の不動産融資

融資を考えるとき、不動産を担保として、個人で受けるという場合、先ずは銀行へ行ってみましょう。

ある程度のお付き合いのある銀行なら話しやすいのですし、口座だけがある銀行で直接相談というのがいいでしょう。

個人でそれほどの大きな金額の融資ではない場合、銀行によっては、不動産担保での融資が受けられます。

ただし、年収や現在の借入金などの審査が待っています。

それらが通らないと、個人での銀行からの不動産担保融資は難しくなります。

ノンバンク系などの融資会社もありますが、自治体などでの公的な融資や銀行などでの不動産での融資を考えてみましょう。
タグ:銀行 担保 公庫

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


個人事業者への融資について

個人事業者のための融資はたくさんの金融機関が行っています。

そのたくさんの種類の違いはというと、融資額の限度額とずばり金利です。

政府系、銀行、ノンバンクの順番で金利は高くなりますが、借りやすさからいくと、ノンバンクの気軽さが一番になります。

個人事業者ということで心細さもあったりしますが、融資の関しては、出来れば政府系の金利の低いところからの融資を第一に持っていけると返済も楽になります。

又、信用できる取引銀行があると、融資の関しては、個人事業者としては心強い味方になってくれることでしょう。

出来れば、融資とは無縁でいきたい個人事業者となりたいものですが、こればかりはどうなることか分かりませんが、知識として融資の色々については知っておくべきだと思います。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


リテールの無担保融資事業とは?

リテールとは小口、小売という意味がありますが、リテール無担保融資事業というと個人または中小企業向けの融資事業ということになります。

実際、現在金融会社では、大口の融資事業だけではなく、新たにリテール部門を作り、小口の融資を無担保でというサービスに力を入れています。

このような動きは、国の金融に関する緩和からくるもので、金融会社だけの融資活動が、銀行など、特にメガバンクと言われる銀行もリテール部門の強化で、リテール部門の融資事業の競争は激化していると言えます。

無担保ということで、個人としては借り易さも手伝って、他の金融会社よりも銀行系の融資を受けるという流れも出てきています。

無謀な融資の危険がな銀行系の融資ですが、リテール側の借り手としては、返済は計画的にというのは鉄則ですよ。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス