So-net無料ブログ作成
検索選択

個人の不動産融資

融資を考えるとき、不動産を担保として、個人で受けるという場合、先ずは銀行へ行ってみましょう。

ある程度のお付き合いのある銀行なら話しやすいのですし、口座だけがある銀行で直接相談というのがいいでしょう。

個人でそれほどの大きな金額の融資ではない場合、銀行によっては、不動産担保での融資が受けられます。

ただし、年収や現在の借入金などの審査が待っています。

それらが通らないと、個人での銀行からの不動産担保融資は難しくなります。

ノンバンク系などの融資会社もありますが、自治体などでの公的な融資や銀行などでの不動産での融資を考えてみましょう。
タグ:銀行 担保 公庫

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


不動産担保ローンの融資条件

不動産担保ローンの場合、融資条件はかなりゆるくなる場合が多いです。

融資先が銀行ですと、厳しい審査もありますが、ノンバンク系の融資会社ですと、職業や収入の条件もあまりなく、融資が受けられる場合があります。

ただし、借りる方として、それなりの返済の条件が整っていない場合は、担保不動産を失うという覚悟も必要です。

どうしても融資の必要が生じたとき、このようなゆるい条件のノンバンク系の融資会社からの金利にしても、低いところは5%程度のものもありますから、融資条件の良い融資会社との出会いも大切なことです。

融資条件があまりにもゆるすぎるというのも困ったものですから、信用ある融資会社での不動産担保ローンをお勧めします。


「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


不動産担保融資とバブルの時代

不動産、融資、バブルという全て切り離すことのできない言葉です。

とにかく不動産を持っているだけでよかったバブル期。

今とは違って、不動産を取得するのに、銀行などは不動産担保の融資を続く限り続けました。

又、不動産は日進月歩で上がっていき、月単位で表示が変わる不動産価格も存在しました。

銀行以外の金融会社にしても、不動産担保と来たら、喜んでいう感じでした。

こんな狂気はいつまでも続かない、バブルのはじけと同時に、全ての泡が消えてしまい、残ったものは不良債権と借金という二重苦でした。

しかし、不動産の価値というものに脚光を浴びせた絶好の機会であったことは間違いありません。

今はパプル期とかけ離れた不動産の価値ですが、担保としての価値はあります。

又、今の不動産価値の方が真っ当ということもいえます。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス